東京オートサロン2015 行ってきました 中篇ノ記事
FC2ブログ




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ツイッター(ここをクリック)
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | この記事にコメントする(-)




東京オートサロン2015 行ってきました 中篇ノ記事


 前回記事東京オートサロン2015 行ってきました 前篇ノ記事
・・・の続きになります。

最初に行くことにした東7・8ホールは非常に魅力的なブースばかりで、
結構時間が取られてしまいましたw
まぁこうなることを予想して、先輩は連日参加されているのでしょうが・・・

DSC01184shukusen.jpg

次に、Lorinser/HAMANNブースに来ました。
写真は、リリースされたばかりのウラカン(Lamborghini Huracán)です。

長寿モデルであるガヤルドの後継・・・いや~それにしてもガヤ郎ちゃんはお疲れ様でした・・・ですね。
なんといっても手前が小学生だった時から高校になる期間までずっとベビーランボでしたからね~
まぁ最後の方は評論家から『さっさと変われ』だの『飽きた』だのさんざん言われてましたがw
コレヴェイロンも同じですねw


ここには、そんなウラカンをベースに、まだ非公開のエアロキットを組んだ
Vorsteiner Huracanが展示してありました。

ウラカンといえば、近日SV(Super Veloce)モデルがリリースされようとしているという噂が海外でチラホラしてますが、
どうなんでしょうね~SV厨にはたまらんネタだとは思いますが・・・

DSC01190shukusen.jpg

次に、お隣のFORGIATO JAPAN ブースに行ってみました。

一際目立つ FORGIATO OFFICE-K CORVETTE ・・・
横にナンカ立てかけてあるのは、インポートカー部門 最優秀賞を頂いた証だそうで・・・
オバフェンによって強調された大胆にシェイプしたラインがたまらなくエロイです。

F21インチ R22インチのFORGIATO ARTIGLI-ECL大径ホイールを装着しています。
いや~ボディー同色ホイールっていいなぁ~

公道走行は不可のようですが・・・(・_・;)

DSC01191shukusen.jpg

同じくFORGIATO ブースの、ASIA LB WORKS Aventador・・・
世界で注目されているLiberty Walk社の、Works wide ボディーキットを装備したコンプリートモデル。 

DSC01196shukusen.jpg

後ろ姿は、現在リリースされる噂がチラホラしているSV(Super Veloce)モデル
LP800-4SV?)に劣らぬほど強烈!
・・・てかまぁもともとヤンチャなアヴェンタを葬れば必然的にこういう風になりますか・・・

ちなみに、LP800-4SVとなるであろうSVモデルのプロトタイプ↓

aventadorsv.jpg 

販売は2015年末らしいです・・・楽しみですね~


こうして、東7・8ホールを回った我々は、お隣の中4・5・6ホールに向かいました。

DSC01199shukusen.jpg 

入ってすぐに見えてきたのがNOVELのブース。
最新のRC-F をコンプリートした NOVEL RC-F やIS-Fなどが展示されていました。

RC-Fも、エアロキットやホイール・シャコ足だけでここまで印象が変わるのかと思いました。
お品のイイ つや消しマットの5本スポークホイールがカッコいいですね!



お隣のTIGER AUTOもかなりの迫力でした。

DSC01207shukusen.jpg

コールオブOューティーの世界から飛び出してきたかのようなJeepRラングラー アンリミテッド・CAMO
カスタムカーの祭典だからこそ見ることができます。

KMCの17インチホイールが迫力満点です!
タイヤも含めた直径は37インチ(!)にもなるそうです・・・29インチの自転車が負けただとっ!

DSC01203shukusen.jpg

Armsとのコラボみたいですね~
サバゲーに参戦するためのJEEP・・・というコンセプトらしいですw
M16A4やM60E4 Mk 43 Mod 1(だと思われる)などを満載しておりました。
ミリヲタな手前にはたまらないブースでした。

ミリヲタな学校の友人とLINEの友人達のために、いつもよりも気合を入れて写真を撮りましたw

DSC01217shukusen.jpg

ちらっと通りかかったLOTUSブースにあったGTマシン・・・
今年(2015年)のGT300参戦マシンであるGT300MC SGT-エヴォーラです。

どこかで見たことのある雰囲気だな~と思っていたら、ボディーはムーンクラフトが製作したそうな・・・
どうりでDOME臭やトミーカイラ臭がすると思ったw


DSC01222shukusen.jpg

次にホンダブースに行きました!

2013年の東京モーターショーぶりですが、ホンダブースにてS660を見てきました。
より市販化に向けて準備が図られたモデル・・・各部が量産に向けて改良されていました。


DSC01228shukusen.jpg

インテリアも、TMSで見た時よりかは現実味を帯びてきました・・・

2015y01m31d_154135251.jpg

2013年TMS でのS660インテリア・・・ただk本的には変えてませんね。

DSC01232shukusen.jpg

同じブースには、2015年1月現在カミングスーン状態の『JADE』が・・・
MUGENのューンが施されていましたがw
STREAMの後継といったところでしょうか・・・とてもスタイリッシュです!
ホンダデザインはこういう路線で行ってほしいですね~


DSC01234shukusen.jpg

同ブースには、SUPER GT マシンである KEIHIN NSX CONCEPT-GT が鎮座していました。
直噴インタークーラーターボの直4から550ps以上を発生させるHR-414Eエンジンを搭載しています。

NSX CONCEPT と似たフォルムを持つCONCEPT GT 達は、今後も活躍しそうです!


こうして、中4・5・6ブースを回った我々は、お隣の西1・2・3ホールへと向かいました。
ここでの本命は何といっても・・・

DSC01240shukusen.jpg

マツダ!!

マツダですよマツダ!!松田ァ!!!hqdefault.jpg 

・・・はいすみません(-_-;)
とにかく待望の4代目ロードスターがカミングスーン状態・・・そしてCX-3の登場、アテンザのマイナーチェンジ
今一番期待のメーカーマツダ・・・

手前にとってのオートサロンの半分はマツダだと言っても過言ではありません。

上の写真の車両は、MAZDA SKYACTIV-D Racing LMP-2 です。
国内外の様々なレースに参戦しているSKYACTIVレーシングディーゼルカーです。


そして大本命のNDロードスターと初対面・・・
DSC01247shukusen.jpg  

手前の父親は、もう数十年NAロードスターに乗っており、我が家には自走可能なNAロードスターが3台もあります。
手前も物心がついた時からロードスターの助手席に座っており、このクルマに対する思い入れは強いです。

ロードスターはいつの時代も人馬一体、ドライバーと車が一つになってドライビングを楽しめる・・・
そんなコンセプトが核心にあり続けるものだと思います。

つまりロードスターで言う進化とは、パワーやトルクを突き詰めるのではなく、
ドライビングフィールの愉しさ・気持ちよさを突き詰めていくことだと思っています。
そういう点で見るとこのNDロードスターは、先代より小柄なのに加え重量も100Kg近く軽量化されており、
しかも前後バランスを50対50に限りなく近づけ低重心化も達成したという、まさに突き詰めたが故の正常進化!

デビューが待ち遠しいです。

それにしてもこのどっしりとしたボリューム感・・・デザインの影響ですね。
マツダの魂動デザインは既に独自の世界を確立していて、世界と戦えるデザインだと思います。


Mazda6_0123.jpg

マイナーチェンジでフェイスリフトを受けたアテンザ・・・
より洗練された美しさと、フラッグシップモデルたる威厳を身にまとい生まれ変わりました。

それにしても300万円台で購入できるなんて・・・安すぎます。
ブランドバリューが他の大手と比べて比較的低いために、
TOYOTAのエンブレムを付ければ1.5倍の値段で売れるほどいいモノでも、
高くすると売れないというのは可哀想です。

まぁ買う側としましては、こんなイイものがこんな値段で買えるのは願ったり叶ったりですがねw

DSC01250shukusen.jpg 

また同ブースでは、ミスタール・マンの愛称で知られる 寺田陽次郎氏とのトークショーも開催されていました。
世代が違いすぎるので多くは知りませんが、40年前に日本人で初めてル・マンに初めて挑んだ方のようです。
後ろでは、出たばかりのCX-3とロードスターがクルクル回っていました。



さて、長くなってしまいましたので中篇ノ記事はこのくらいにしておきます

続き (東京オートサロン2015 行ってきました 後篇ノ記事) 



 ツイッター(ここをクリック)

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://advanyama.blog.fc2.com/tb.php/48-91dab1c3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。