大量の食料を運び、調理する燃料に化けるドローン『Pouncer』  【NCRCニュース143号】
FC2ブログ




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | この記事にコメントする(-)




大量の食料を運び、調理する燃料に化けるドローン『Pouncer』  【NCRCニュース143号】

みなさんこんばんは。今日は、特殊食料運搬ドローン『Pouncer』を紹介します。

pouncer_drone_11.jpg

Pouncerは、食料に困っている地域や、自然災害による被災地に、食糧、水、薬を運ぶために設計されたドローンです。
それだけなら他にもありそうなものですが、ここで注目なのが『運搬後はドローン本体を、食料を調理する際の燃料にすることができる』という独自のコンセプトです。

pouncer_drone_2.jpg

このドローンは中空設計がされており、食糧、水、薬をたくさん中に入れて運ぶことができます。
あらかじめ形成されたプラスチックシェルの中に食料が封入され、航空機から射出、ドロップゾーンから7メートル以内に移動し不時着をすることができます。またドローンには、軟着陸用のパラシュートが付いています。
現在のプロトタイプ段階では、Pouncerはかなり安価なコストで製造することができ、一日最大100人まで24時間以内に食糧を運ぶことができます。
デザイナー:Windhorse Aerospace 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://advanyama.blog.fc2.com/tb.php/186-1fd591d8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。