購入可能な超近未来的電動キックスクーター『CityGo』 【NCRCニュース135号】
FC2ブログ




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | この記事にコメントする(-)




購入可能な超近未来的電動キックスクーター『CityGo』 【NCRCニュース135号】

皆さんこんばんは。今日は、極めて未来的な電動キックスクーター『CityGo』を紹介します。
皆さんは電動キックスクーターというと、航続距離も短くて実用的ではない乗り物というイメージがあると思います。
ですが時代は進化し、電動キックスクーターも十分実用に足る存在となってきました。その筆頭となるのが、このCityGOです!

citygo3.jpg

『自動車に代わるコンピュータ・ツー・モバイルトレンド・サイクル』という聞きなれないコンセプトのこの乗り物は、コンパクトなパーソナルモビリティーとして機能する電動式スクーターです。持ち運び可能なサイズのセグウェイのようなものだと考えていいと思います。

Dimension_cewp7f.jpg

CityGoはその小さくコンパクトな外観からは想像もつかない非常に高性能なスペックを誇ります。
2.5時間で充電を完了させれば、最高速度27km/hものスピードと約30kmの航続距離を可能にします。まるでバイクのようです。
CityGoは、地面を蹴って進ませることで、スピードアップのために再び蹴るorブレーキをかけるまで、均等な速度でクルージングを続けます。

citygo.jpg

こうした動作方式はとても直観的であり、一般的なアクセルスロットルによる加速システム(バイクなどに見られるもの)よりもはるかに合理的だと思います。上限速度は自分の足で設定したものですからね!

3o6Zt43aApcYvDICWI.gif

またCityGoは、都市交通に適応した3つのドライブモードが選択可能です。初心者モード、通常モード、スポーツモードといった分かりやすい機能を、手元のスマートフォーンで簡単に切り替えることが出来ます。これにより、上限スピードの変更が可能です。
更に、ブレーキをかけるたびにバッテリーを充電する回生制動システム+専用アプリも標準装備されています。

citygo5.jpg

CityGoのデザインにおける最大のポイントは、これだけの性能を実現していながら持ち運び可能なサイズに折り畳むことができることです。
商品には、折り畳まれたスクーターを収納できるゴルフバッグサイズのショルダーバッグも付属しており、携帯性が維持されています。

購入:$ 629ドル 1050ドル
デザイナー:Jason Lee 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://advanyama.blog.fc2.com/tb.php/177-a0c009bb



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。