回生制動によりアシストにもトレーナーにもなる折り畳み自転車 【NCRCニュース118号】
FC2ブログ




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | この記事にコメントする(-)




回生制動によりアシストにもトレーナーにもなる折り畳み自転車 【NCRCニュース118号】

NCRCニュース118号】
みなさんこんばんは。今日は、毎度おなじみのキチガイコンセプトの折り畳み自転車の一つを紹介します。

GH (1)   


 このグラスホッパーは、折り畳み式の電動自転車(!)であり、建物などの中でも簡単に運搬できるように『トロリーモード】という形態にもなります。そのためハンドルがそのままキャリアバーになっています。とてもコンパクトになるようですね。

ボディーには先進的な複合材料が使用されており、コンパクトでありながら高い剛性および強度を提供するためのものです。

GH (2)

デザインコンセプトは、『日常生活の中で自転車が好きで、様々な地形・条件に住む人々を満足させる』というかなり志高めの文句です。ターゲット市場は、主に都市部に住む環境問題と健康に関心のある活動的な人々です。折り畳み自転車を通学・通勤で使うユーザーが近いでしょうか…

目玉は、回生制動および定常的な自転車走行によって充電されるバッテリーでしょう。この充電時の負荷のあるおかげで、定常的な運動用室内バイクに変わることもできます。デザイナーDavid Goncalvesは、第12回国際自転車デザインコンクールで優秀賞を受賞しました。
デザイナー:DavidGonçalves
※以下は折り畳み方法。

GH (1)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://advanyama.blog.fc2.com/tb.php/160-8b28891a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。