2014年10月
FC2ブログ




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ツイッター(ここをクリック)
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | この記事にコメントする(-)




EASTON EC90 aero 購入とフリー交換・シマノフリー分解 Vol.2 (最終)

  

英国イギリスより、680マイル(約1000km)走行済みのモノを
380GBP(約65000円 本体価格+国際送料込み) で落とすことが出来たわけですが、
実際に付けて走るに当たり、2つ用意せねばならぬものがあります。

1つは EASTON純正 SHIMANO 用フリーハブ

もう一つは カーボンリム用ブレーキシュー



まずフリーハブを交換しましょう・・・


IMG_4324shukusen.jpgもともとブリティッシュ出品者様は、向こうで主流かと思われる EASTON純正 カンパフリーハブ
(ほぼ新品)
をつけて売ってくださいました。


ですが、当然ながらこれではシマノ製品がはまらないのでフリー交換ということにしました。

IMG_4393sn.jpg

運よくEASTON R4SLシマノフリーボディーを譲って頂けたのですが
なんとベアリングがゴリゴリ…もう音として聞こえるほどです・・・


IMG_4452sn.jpg 


急きょクリーニングのためシールドを外してみると、
それはもうそれは無残なことになっていました・・・

ねばっこいグリースと砂がまじってセラミックの球をガリガリ傷つけていました。
まるで悪夢・・・

新品のフリー買おうかとも思いましたが、
EASTON EC90 AERO を売ってくれたイギリスの善良出品者が、おまけで付けて下さったカンパカセット用R4SLフリー・・・

このヌルヌル新品セラミックベアリングを 
SHIMANOフリーのガリゴリセラミックベアリングと交換すれば・・・


せっかくの機会ですので早速実践


hub_r4_exploded.jpg

5292235178_8b104018a5_z.jpg

さて・・・ここで知っておかねばならないのが、R4SLハブ及びフリーの構造です。
上図はかなり苦労して見つけてきたR4SLのカット図です・・・

※もはやEASTONはECHOハブの時代なため、
本社HPにはR4SLハブについてのメカニカル記述はほとんどなし・・・

独学しかありません・・・

蒼いパーツの⑨がフリーハブです。
ここに2つのベアリングが入っていますが、恐らく手前のは両方ともゴリゴリでしょう・・・
フリーハブを外し、両方のベアリングを交換します。

※この記事はあくまでマトメであり、分解を促すものではございません。
分解は自己責任にてお願いします。
本記事が原因による事故、損害には一切関与しません。

IMG_4455sn.jpg 

まずベアリングリリース工具で、圧入されたセラミックベアリングを抜きます。

IMG_4515sn.jpg 

ガッキョン!ガッキョン!・・・

ヌポンッ!

IMG_4459sn.jpg 

まずは外側のベアリングが抜けました。

さて、お次は内側のベアリングを抜くわけですが、ここで一つ気を付けねばならぬポインツが
存在します。

5292235178_8b104018a5_z_20141020200333468.jpg 

赤枠で囲んであるここの部品・・・

IMG_0047sn.jpg 

ここには、上図のようなC型止め輪というリングがはまっています。

つまり、このリングがストッパーの役割を果たしているため、
外さぬ限り、押しても引いても内側のベアリングは抜けないワケです。

IMG_4514sn.jpg 

・・・なので外します。
先の細いラジオペンチなどてつかんで、垂直に引き上げてみて下さい。
固いかもしれませんがなんとか外れます。

IMG_4521sn.jpg 

こうして両方のベアリングを外しました。
内部構造がだいたい予想して頂けるショットかと思います。

左のSHIMANO用フリーのベアリングはゴリガリ悲惨状態ですが、
対して右の善良英国出品者からのカンパ用フリーのベアリングは見事なほどのヌルヌル状態。


早速交換し、元に戻します。

IMG_4412sn.jpg 

シャフトを逆さにし、ゴムハンでコンコンと地道に叩き、
新しいベアリングを丁寧に圧入し直します。

フリー或いはベアリング、どちらを痛めても痛い出費につながるので、
慎重をキワメながら作業します。

IMG_4535sn.jpg 

作業完了です。

回転は恐らく新品と同等でしょう
ウルトラスムーズな回転になりました。


IMG_4532sn.jpg 

乾燥防止のため、シールドの表面及び、内壁に軽くグリースを塗っておきます。

IMG_4536sn.jpg 

グリースをたっぷりつけ、アセンブリします。
最後は規定トルクでしっかりとしめます。

右フリー側(135kgf・cm = 13.24N・m
左側(165kgf・cm = 16.18N・m



さて、お次はこのEASTON R4SL フリー(シマノ用) にカセットを入れるわけですが、
このR4SL赤フリーには シマノCS7900/7800のみ ※CS6600以下は不適合
という注意書きがあります。

つまりこれは、アルテグラグレード以上の10Sにしか対応しませんよ~
・・・ということを単純に指しているのですが、
なぜか『デュラ専用』だの『デュラにしか付かない』だとかのヨクワカラナイ 
デマが広まって
いるご様子・・・

IMG_4426sn.jpg 

手前のカセットは、CS-6700 (12/23T) ・・・つまり67系アルテですが、
ご覧のように何の問題も無くはまります。

CS-6700との互換性については、メーカー(EASTON)からの返答を待っているトコロらしいですが、
どうせ音沙汰ナシかと思うので、ここにはまることを証明しておきます。


IMG_4418sn.jpg IMG_4425sn.jpg 

一つ、EASTONフリーでの注意点ですが、
なぜかフリーのツメ(突起)がスローピングしています。

右図のピンセットで指している突起のみ、スローピングがかかっていません。
ここにカセット側での小さな窪みを入れるようにしてください。


IMG_4545sn.jpg 

こうして無事付いたR4SLハブ。
ゴリゴリも無くなり、後輪も無音回転になりました。


IMG_4359shukusen.jpg 

ためしに部屋で回してみました。

カーテンを閉める程度の力でエイッとやってやると、
フロントが無音で4分30秒程回ってくれました。
リアは3分程ですね。

私は高校時代に部活動で、省エネルギーの1人乗りの電気自動車を
作っていたのですが、そのセラミックアンギュラベアリングにもまけない回転性能です。

こちらです➩
My班活Blog (手前が管理人です)

微かにホイール内で反響している音がします。

さて・・・お次はカーボンリム用ブレーキシューへの交換です。

IMG_4580shukusen.jpg  IMG_4585shukusen.jpg 

手前が購入したモノは、ASHIMA(アシマ)のAEROシリーズです。
ASHIMA ARS73CRx-P-A-PCAC という商品名です。 覚えにくさではNo.1ですね。

カーボンリム用シュー&アルミパッドホルダーセットというお得なセットです。

この商品は、大胆に入ったスリットにより放熱性が高く出来ているらしく、
しかもシューをヘアピンのようなモノで固定しているという独特な構造のモノです。
他には無い独特なスタイルですよね~


ちなみにこのASHIMA ARS73CRx-P-A-PCACですが、

engagegavialbrakes1.jpg

知る人ぞ知るドイツの変態メーカー『AX-lightness』社の、姉妹ブランド『engage』
から出ているカーボンキャリパーブレーキ(GAVIAL Brakes)の
デフォルトブレーキシューとなっています。

信頼性や性能が高いからこそだからと信じています。

engagegavialbrakes5.jpg   

ただし『ASHIMA』とは入らず『engage』と入っています。
どっちがOEMしているのでしょうねw

IMG_4651shukusen.jpg 

早速取り付けます。

このASIMAのブレーキシュー、取り付けボルトがトルクスねじ(ヘクスローブ)
なので、工具がない場合はトルクスレンチなどを買いましょう。

4Nm でしめろとありますが、
使用されているこのトルクスねじの ねじ山付近の造形が絶妙に悪いため、
なめやすいです・・・要注意です。

IMG_4643shukusen.jpg 

お決まりのトーイン作業・・・
まぁそんなに鳴りそうでもありませんでしたが一応・・・

IMG_4655shukusen.jpg 

付きました。
グロスブラックのAxisちゃんとモノクロカラーになり、更にハデになってしまいました(笑)


こうしてEASTON純正 SHIMANO 用フリーハブの整備と、
カーボンリム用ブレーキシューへの交換が済みました。

一部でも参考になったようでしたら幸いです。






 ツイッター(ここをクリック)
スポンサーサイト




EASTON EC90 aero 購入と重量測定・フリー交換・シマノフリー分解 Vol.1

 前回海外から購入してしまった EASTON EC90 aero

ec90aero.jpg
 
イギリスより680マイル(約1000km)走行済みのモノを
380GBP(約65000円 本体価格+国際送料込み) で落とすことが出来ました。

$_12.jpg  

国際オークション 『E-bay』 のイギリスドメイン版である 『E-bay.uk』 からの購入です。

IMG_424sn.jpg

以前CHORUS(コーラス)カーボンクランクを購入した際も少し感じたことですが、
ガイツーの自転車パーツはコンディションの割には安いものが多いですね。

おまけに、27マイル(約45km) しか走っていない
Continental(コンチネンタル)のCOMPETITION(コンペテンション)を
貼り付けた状態で
売って下さいました。


Continental Competition Tubular 

どうがんばっても、このグレートのチューブラータイヤは2本で15000~20000円ほどするものなので、
痛い出費を抑えられました。

更におまけとして、ハイトリムホイールには欠かせない
 
バルブエクステンション(TOPEAK製)も付けてくださるようです。

ypp10800.jpg 
おまけにおまけに(With TOKEN titan quick reliese tk-233 like new)
TOKENのチタンシャフトクイックリリース 2本もサービスしてくれました。
太っ腹ですね。ありがたいです。

TokenTK235TK233_red.jpg


IMG_4303sn.jpg

数日後、無事税関も通過し届いたEC90・・・

箱はバカデカでしたが、恐ろしく軽かったです。
早速、まわりのPUCHIPUCHIを取り、その御身に触れます。

IMG_4307sn.jpg

エクストリームグッドコンディシュン
タイヤも八分山といったところです。

TOKENチタンクイックも新品としか思えぬようなコンディション・・・
あの値段で売って下さった英国紳士に感謝です。


・・・で恒例の体重測定。

IMG_4319sn.jpg  IMG_4320sn.jpg

  COMPETITIONチューブラータイヤTOKENクイック付きで測定しました。
左から F・R、それぞれ800g950g といったところです。
走行可能状態で1.75kgとは恐ろしいコ・・・


IMG_4314sn.jpg    IMG_4376shukusen.jpg

どこにでも売ってそうなクイックと
TOKENクイックの重量も比べてみました。
シャフトまで溝掘って肉抜きしてありますしね…
40gと130gという
同じ機能のものとは思えないほどの重量の違いw

IMG_4329shukusen.jpg 

TOKEN のTK-233のアルマイティーさも美しいところですが、
この美しいテーパーのかかったR4 SLハブ
空気抵抗の少なさと、見た目を両立しています。

サピム・ブレーデットブラックスポーク18本がラジアル組みされています。

ハブ内には、グレード3ハイブリッドセラミックペアリングが奢られており、
無音の高速回転をします。

ちなみに姉妹ホイールのEASTON EC90 TT のフロントハブは、
前方投影面積の軽減のためフランジ幅が小さくなっており、
もっとずんぐりしたフォルムです。


さて・・・こんな良品ですが、実際に走るにあたり2つ用意せねばならぬものがあります。

1つは EASTON純正 SHIMANO 用フリーハブ

もう一つは
カーボンリム用ブレーキシュー

IMG_4324shukusen.jpg

もともとブリティッシュ出品者様は、EASTON純正 カンパフリーハブ (ほぼ新品)をつけて売ってくださいました。
ですが、シマノフリーの交換しないと私はダメですのでフリー交換ということにしました。

IMG_4411sn.jpg 


交換は次回記事にて・・・



それとカーボンブレーキシューですが、
カーボンリム用のブレーキシューは、カーボンホイールカーボンリムならば宿命的に
買わねばならないものですねw

最近はリム部のみアルミというカーボンホイールも増えていますね・・・
アルミリム用シューを使えるというのはお財布にも優しそうです。


これも次回記事でKWSK


次回記事➩ EASTON EC90 aero 購入とフリー交換・シマノフリー分解 Vol.2


 ツイッター(ここをクリック)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。